SEO

SEOとウェブページの設定

「SEO対策」と言われると、おそらく最初にウェブ担当者がイメージする必要な施策といえば、適切な検索キーワードの選定、策定や、サイトに関する説明文の適切な表示、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールによるページ内分析などになるのではないでしょうか。
もちろんそれらの設定はとても重要なのですが、それと同じように、ウェブサイトの基本的なルールに沿った、サイト内の細かな設定の確認も、とても有効なSEO対策になります。
たとえば、サイト内のURLが適切に整理されておらず、リンクから正しいページに遷移できていないような、いわゆる「リンク切れ」が起きているところがないか確認したり、本来「404エラー」の表示を出しておかなくてはいけないURLに設定漏れがないか確認したりすることによって、某G社からのウェブサイトの評価を引き上げることができます。また、トップページに遷移できるボタンが適切に配置されているか、どこにもリンクがなく、どこにもページ遷移ができていない「行き止まり」状態のウェブページがないか、というのも、特に長らくリニューアルやメンテナンスをおこなっていないウェブサイトでは見落としがちなチェック項目です。

TOP